My Orange Life

日常生活で気づいた些細な事などを、書き留めていきます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ようやく衣替え 

 

今朝の我が家のひとこま

息子の制服は、夏冬ともに同じデザインのスボン。
生地が異なるだけです。
そして、完全なる衣替えの時期はなく、
11月のある時期に上着は完全着用と指示があるだけです。
上着は人によりいつ着用し始めてもいいことになっています。

息子は未だ夏ズボン着用。
さすがに昨日は寒かったので、冬服にしたら?
とのアドバイスに「だな!」と快く応じた息子。
せっかく、冬服をかけておいたのに、
息子が着ていったのは、夏服のもう1枚!

「もう、生地の違いとか分からないのかなあ全く」
との問いに夫が
「でも、綺麗な制服っていうのが分かっただけでもいいじゃん!
ママ(私)に必要なのは、まさにそういう発想。」

まったく、平和な人達!

でも、よく考えたら、
ゴミ箱探すの面倒いと言って
ゴミがそこらじゅうに落ちている部屋でも平気だし、
グローブを平気でベッドの上で磨くし、
鞄から使用済みコンタクト・ケースが50個でてくる息子が、
綺麗な服を選んだことは、まあ前向きに捉えるとしましょう!

選挙も前向きに!
スポンサーサイト

category: family

tb: 0   cm: 0

△top

社会科週間 

 

小6の娘にとってこの夏は、受験の天王山です。

その第一歩として「社会科週間」と呼ばれるのもがあります。

社会科週間

社会科週間2


今まで習った歴史・公民分野の知識を2週間で総復習します。

忘れていた分を呼び覚まし、実践で使えるようにしておくためにするものです。

1問1答形式になっているので、かなりのボリュームです。

社会科週間1


夏以降は、他教科のまとめも入ってきますし、

過去問を解き始める前にやっておく必要もあります。


でもこの「覚えもの」娘はあまり好きではありません。

息子もそうでしたけれど。

なので、私もちょっとだけお手伝い。

とは言っても、親が先走ることがないように、一応気は使っています。

問題を娘が持ち、私が回答を持って、1問1問正誤を確認していきます。

時には、大げさに

「合ってる!」

「凄〜い」

「これが分かるのはアリーだけだよ!」

と乗せながら。

調子に乗ってたまに解説してあげると、娘に

「それは違う!」

とか

「これが分かったからって別に凄くないけど。」

とか言われたりしますが、いいんです。

そんなやり取りと共に、少しでも記憶に残ってくれれば。


ただ、意外に知識をしっかり定着させる!って難しいんです。

漢字もきちんと書く必要がありますし。


憲法9条も覚えます。

私も憲法の部分は、一緒に頑張ります。


category: 受験

tb: 0   cm: 0

△top

背番号 

 

2014/07/02 Wed

明日から数日間天気が崩れるようなので、仕事前にベットマットの洗濯を決意!

息子の部屋のベットシーツを剥がしていたら、なんと枕の下から出てきた背番号。


背番号17

おそらく、今日より前に貰ったはずなのに、

何の報告もしない我が息子。

春の大会では背番号をもらえず、ベンチ入りで出来なくて、

夏の大会では背番もらえるよう

陰ながら食事とか生活時間の配慮をしてたのに

大切な報告を忘れてしまうところは、父親のDNAを引き継いじゃっています。

「貰えたよ~」

の一言があれば、母はどれほど嬉しいか?

将来のお嫁には、そんな事がないよう良く言っておかなくちゃ!


男性の皆さん、男の子ってそんなものなのでしょうか?

でも母はしっかり縫いますよ!

そして、夏の大会が終わったら、

来年高3では、背番号「2」がもらえるよう、

家族プロジェクトを組直します。

報告義務もしっかり入れて。


軟式高校野球も頑張ってます。

捕手大誠


category: family

tb: 0   cm: 0

△top

かぶの炒め煮 

 

今日は、新鮮な「かぶ」に目を惹かれました。


イメージ+3_convert_20140319141810


かぶは根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜野菜に分類され、

ビタミンCを多く含み、胃腸を温める働きがあるとか・・・。

どう調理するか悩んだ末に、炒め煮にしました。

「牡蠣」「柿」「蕪」と「か」のつくものが苦手な娘も、

この調理法だったら、嫌がらずに食べてくれます。

葉っぱも無駄なく食べられるのもいい感じです。

イメージ+4_convert_20140319141618




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

ブリの竜田揚げ 

 

天然国産のブリが、安売りしていました。

色ツヤが良く、目を引きました。

ちょうどその日に、栗原はるみさんのフェイスブックで、

「ブリの立田揚げ」レシピがの宣伝が載っていたこともあり、

即購入!夕飯のおかずとなりました。

献立を考える時、レシピ、食材、価格がピタッと来ることは少なく、

今日はピタッとあった正三角形な感じでした。

参考にしたページはこちら

下ごしらえはこんな感じ。

ぶり唐揚げ過程


最後は、このように仕上がりました。

ぶり唐揚げ仕上り


お酒のおつまみにも、良い感じです。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。