My Orange Life

日常生活で気づいた些細な事などを、書き留めていきます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

偏差値なんて気にしない 

 

昨日、中学受験と模擬試験について触れたので、
ちょっと詳しく書きたいと思います。
とは言っても、息子の中学受験を通して感じた一母としての思いです。

よく、
「夏を制する者は受験を制する」
「夏が受験の総本山」
などと言われます。
まあ、そこまで大げさに捉える必要はないと思いますが、
塾では、夏休みに負荷をかけて課題を出してくる事は確かです。

大きな流れとしては、
6年生の夏休みに各教科の単元の総仕上げ

秋以降に合格判定の模擬試験を受験
過去問題の取り組み

志望校、受験校の絞込み

試験本番

となり、6年生の夏はポイントにはなります。
それ以降は怒涛のような、受験スケジュールに組み込まれていかれます。

そして、模擬試験の結果が芳しくない場合、塾との相談の上、
受験校を変える事もあります。
これは塾によっては、塾側に合格率を上げたい意図が働く場合もあるので、
その辺りは保護者が、よく見極めてあげるといいかもしれません。

模擬試験では、自分が苦手だった分野が、浮き彫りになる利点はあります。
ただし、それが本番の試験の傾向とは、全く異なる場合があるのです。
知識を問いてくる学校、記述力をみようとする学校等、様々です。
模擬試験では、どの範囲もまんべんなく出題されるので、
そこが学校の試験傾向と、ギャップが出てくるのかもしれません。

タイスの場合もまさにそうでした。
模擬試験では、志望校の合格率可能性が20%台だった事は幾度かあります。
私も相当な打撃を受けたのを、今でもよく覚えています。
中学受験の経験の無い私は、塾の先生に藁をもすがる思いで面談を申し込みました。
でもそこで返ってきたのは、

「お母さん!不安な気持ちからは、問題突破力は生まれないんですよ。」

「出来なかった問題を復習する事が大切です。」

というアドバイスでした。
そして、よく模擬試験を確認してみると、タイスの場合は知識力に穴がありました。
そして単純ミス。
それからは、偏差値や合格率は横に置き、私の感情も封印し、
不得意分野の穴をつぶす事を心がけて、タイスに声かけをしてきました。

なので、中学受験を控えているご家族の皆さん!
模擬試験での偏差値や合格率は、案外あてにならないものです。
根本的な理解を進めていくことを主眼に、地道に夏を過ごして下さい。

僭越ながら、一保護者としてのメッセージでした。



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://purebeautylife.blog106.fc2.com/tb.php/33-ae8db092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。