My Orange Life

日常生活で気づいた些細な事などを、書き留めていきます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

中学生来る 

 

先日、息子の友達6人が、我が家に遊びに来ました。

全員野球部の友達で、休みの日もたいていどこかのお宅にお邪魔して、
一緒に遊んでいます。
お泊りさせてもらったり、夜まで過ごさせてもらったりもしばしば。
子ども達が仲がいいお蔭で親も親しくなり、より一層子ども達は楽しい時を持てるようです。

狭い我が家のマンションに中学生7人(それも体の多大きい子が多い)が入ると、
あっと言う間に人口密度が高くなりました。
でも、子ども達はそんな事お構いありません。
頭をくっつけ合って、人生ゲームに興じておりました。
夫曰く
「金魚がえさを求めて集まってきてるみたい。」

栄光野球部

もっとゲームを真ん中に置けばいいのではと何度もアドバイスしましたが、
途中で体制を変える事が面倒くさい事は、全員一致のようでした。

中学2年生は思春期真っただ中でありますが、子どもらしい一面もあり、
そこがかわいく見えます。
私は彼らの昼食に、スパゲッティーミートソースとサラダを作ちゃいました。
作ってあげたくなっちゃうんですよね。なぜか・・・。

その後、うちの夫も含め男性計8人で、横浜スタジアムに横浜VS巨人戦を観に行きました。
途中かなり強い雨に降られて、雨具があってもかなり塗れてしまったようですが、
応援には力が入っていたようです。

育ち盛りの若い子に囲まれて、夫も私も張り合いがあった1日でした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

24,095票 

 

24,095票の重みと責任を実感する毎日です。

4月10日に行われた横浜市会議員で、夫は当選することができました。
どうやら横浜市会議員の中ではトップ、
そして全国の市町村議会議員選挙の中でも1位の得票数のようです。

公職選挙法でお礼を申し上げる事は禁止されているので、
ブログではご報告のみとさせて頂きます。

未曾有の震災後という事で、今回の選挙は異様な雰囲気でした。
宣伝カーは声を出さずに走っていたり
街頭演説の変わりに候補者が募金活動をしていたり。
有権者の皆様と接する中、
「本当に選挙やっているの?」
「なんか盛り上がんないね。誰に投票していいか分からないなあ。」
という声を多く聞きました。

しかし、鈴木太郎陣営は最初から普通に選挙活動を行いました。
宣伝カーは、ウグイス嬢さんにしっかり鈴木太郎の宣伝をしてもらいながら走りました。
募金活動は一切せず、その代わり駅頭の活動には力を入れました。
それは、
「候補者が政策を訴えるのは当然なこと。それをしっかり有権者に判断してもらいたい。」
という候補者本人の思いがあったからです。
それを後援会や応援してくれた方が、受け入れてくれた事も幸いでした。

大変いい結果を頂き、夫共々恐縮しています。
応援してくれた方の期待に応えられるよう、
市議三期目もしっかり仕事をすると夫は申しております。

市政の場でしっかり仕事が出来るには、市民の普通の生活を理解する事が第一。
家の事、子供達の事も頑張ってもらいましょう!



桃太郎
たすきをして町を練り歩く「桃太郎」です。


個人演説会
個人演説会


当選証書受け取り
当選証書授与

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

「ライ麦畑でつかまえて」 

 

夫と私が結婚する前、付き合い出して間もなくのある日の出来事です。

新宅くん(当時の夫の旧姓)が私に
「ちょっと見せたいものがある。」
と言い、どんどん先を歩いて行きました。
どこに行くのか分からないまま後をついて行くと
(↑その頃は20代で従順でした。今では行く先が分からなければ、ついて行きませんが。)
着いた先は本屋さんでした。

新宅くんはある本を手に取り、
「僕が気に入っている箇所なんだ。」
と言ってそのページを開いて見せてくれました。

それは「ライ麦畑でつかまえて」DSサリンジャーの以下の箇所でした。

「とにかくね、僕にはね、広いライ麦の畑やなんかがあってさ、

そこで小さな子供たちが、みんなでなんかのゲームをしているとこが目に見えるんだよ。

何千ていう子供たちがいるんだ。そしてあたりには誰もいない。

誰もって大人はだよ。僕のほかにはね。

で、僕はあぶない崖のふちに立っているんだ。僕のやる仕事はね、

誰でも崖から転がり落ちそうになったら、その子をつかまえることなんだ。

つまり、子供たちは走っているときにどこを通っているかなんて見やしないだろう。

そんなとき僕は、どこからか、さっととび出して行って、その子をつかまえてやらなきゃならないんだ。

1日じゅう、それだけをやればいいんだな。

ライ麦畑のつかまえ役、そういったものに僕はなりたいんだよ。」



あれから約20年が過ぎしたが、私からみると「鈴木太郎」は
「ライ麦畑のつかまえ役」のごとく
横浜のため、地元戸塚区ために活動しているように思います。

崖から転がり落ちそうになったら、その子をつかまえてやるように
陳情には出来る限りの力を尽くしているようです。
私が挨拶回りに行った先で
「太郎さんには、頼んだ事をきちんと対応してくれて助かったよ。」
と言われる時が少なくなく、家ではのんびり家の夫が外ではしっかり
働いている事を知らされます。

きっと夫はライ麦畑の子供たちが自由に走りまわれるような、
幸せな戸塚、横浜を目指しているのでしょう。

あっでも、土日関係なく活動する夫の代わりに、
家庭と子供たちの事は、私が守ってきた事は付け加えさせて頂きます。

公職選挙法により、明日選挙が告示されると、
ブログやツイッターの更新は控えなくてはなりません。
夫がいい選挙結果を出し、よりよい横浜、戸塚のために働けるよう、私も頑張ってきます。


     DSC_0044.jpg






category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

発送作業 

 

DSC_0034.jpg

事務所開き、出陣式、その他事務連絡の案内の発送作業がありました。
この作業に後援会女性部の方が事務所に来て手伝ってくれました。
もちろんボランティアです。

日頃から封筒詰め作業は後援会女性部の皆さんにお願いすると、
喜んでやってくださるので事務所スタッフは本当に助かっています。

皆さん慣れてらっしゃるので、事務所サイドが多くを説明しなくても、
住所のタックシール貼り、発送物3枚を揃えて封入、のりづけと
自然と流れるように作業が進んでいきます。まさに熟練技。

今回は1万通を軽く超える量でしたが、1日6~8名の皆さんがいらして下さり、
3日間で完了しました。

「事務所に来るのが楽しいわ。」
「声をかけてもらえるうちが華ね。」
「作業した3日間は青春だったわよ。」

などの声を頂き鈴木太郎はじめスタッフ一同、ただただ感謝するのみでした。

応援してくれる人たちのためにも、
「頑張らなくちゃ」
と思いました。

DSC_0030.jpg



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

男女の違い 

 

本

「なぜ男女別学は子どもを伸ばすのか」中井俊巳著を読み、
息子と娘の違いを、一歩踏み込んで理解出来るようになりました。

この本では、男女では入った情報を処理する脳の部分が違うから、
言語能力、空間認知力、視覚や聴覚、記憶の仕方が違う。
それに応じた教育をするのが望ましいと書かれています。

筆者自身は、小学校から大学まで男女共学でしたが、
長崎の男女別学 精道三川台小学校の教師をして、
「共学は結構。でも男女別学もいいですよ。むしろ男女別学のほうが
教育効果は高くなるんですよ。」
という思いに至ったようです。

私も息子と娘を育てていて、男女の違いを日常生活でよく感じます。
学習面でもその差が顕著に表れます。

息子は単純繰り返しのものが嫌いです。
漢字や計算問題などがその例で、単純なミスをよくします。
その代り数学を筆頭に、凝った問題には果敢に取り組んでいきます。
たとえ分からない部分で出てきてもなんのその、感覚で進めていく部分が大いにあります。
問題作成者との対話が楽しいようです。

娘は漢字や計算コツコツと取り組みます。先生の指示もしっかり守ります。
ノートを綺麗に書き、勉強道具がきちんと整理されています。
しかし分からない問題に遭遇した時、悔しくなって泣いたりパニックになったりと、
冷静さが失われて、問題が出来なくなってしまう傾向があります。

この本では、
男の子は、単純な繰り返しの学習はすぐに飽きてしまい
勉強を面白いものとする工夫が必要。
女の子は、やらなければいけない事をきちんとやるけれど、
ピンチになると自信を失う傾向がある。
男子は瞬発力、女子は持続力で学習すると述べられていました。

う~ん、なるほど。
本に書いてある生の見本が、我が家の子ども達です。
息子と娘の差は個人差ではなくて、男女差だったと納得です。

男の子には明確な目標を定めて、興味を持たせ続けるように、
女の子には「あなたには出来る」と思い込ませるといいようです。
そして男女に共通する事は、子どもが取り組んでいる事を良くみて、
親が頻繁にほめることだそうです。

息子と娘から、男女の違いを学べて結構面白いです。
世の中の男性、女性についても応用出来る事があるかもしれません。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。