My Orange Life

日常生活で気づいた些細な事などを、書き留めていきます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

発表会リハーサル 

 

娘アリーのピアノ発表会の、リハーサルが先生宅で行われました。

幼稚園生から小学校低学年までの出場者と母親が一同に会し、
子ども達は皆の前で演奏し、その間母親達は顔合わせをしました。

出演する子はソロと連弾を弾きます。
連弾は、きょうだい、友達、同じ教室の先輩&後輩ぺアが多いのですが、
親子も数組あります。
アリーの伴奏は私がする事になりました。
本当は教室の先輩にやって欲しかったのですが、
「今年で最後の連弾と思ってお弾きになったら。いい思い出ですよ。」
との先生のお言葉を、受け入れました。

♯や♭がたくさんついた和音が多く、わざと音がずれるような編曲なので、
覚えるのに四苦八苦でしたが、アンチエイジングの1つになったかもしれません。

24日(金)みなとみらい小ホールで行われる「クリスマ・コンサート」
本番まであと1週間ちょっと。
親子共々頑張ります!

「赤鼻のトナカイ」の編曲を一緒に弾きます!


category: family

tb: 0   cm: 0

△top

スパイク手入れ 

 

スパイク手入れ

タイスは、野球の道具の手入れは結構きちんとしています。

グローブは毎回磨いているようですし、
1ヶ月前に買ったスパイクは、刃を金具ではずして付着した土の汚れを取っています。
それも、帰ってきて着替えもせずに直ぐにするのです。

また、練習着もお風呂に入った時に、自分でひどい汚れを擦っています。
これは母の立場からすると、すご~く有難いです。
だって、靴下は真っ黒なので、自分で洗ってくれると本当に助かります。
でも、道具の手入れに比べて丁寧さは落ち、
私がもう一度擦らないといけない場合もありますが、
まあ、やらないよりは、やってくれたほうが助かるので、何も言いません。

でもこれは、野球部の先生の指導のお蔭なんです。
野球技術だけでなく、野球をする上での精神教育にも目を向けて下さり、
共感する部分が多々あります。

それにしても、自分の部屋は散乱状態で、整理整頓が苦手なタイスが
野球道具の手入れをここまでするとは、驚きです。
「整理整頓」は、小さい頃から私がしつけてきたつもりで、現在進行中でも
あるのですが、なかなかタイスには定着していません。

なので、キレイになった野球道具が部屋で散乱している状態です。
「野球道具の手入れが上手だから、部屋だって綺麗に出来るでしょ。」
という言葉はもう、タイスには通用しません。

好きな事に対するエネルギーは物凄いものがある一方で、
興味のない事はどうでもよくて、私が言ってもどうなるものでもない。
↑↑↑
我が家の男性2人に共通する傾向です。

category: family

tb: 0   cm: 0

△top

リサイクルデザインフォーラム2010 

 

大さん橋で行われた、リサイクルデザインフォーラムに行ってきました。
こちらは、横浜市資源リサイクル事業共同組合が主催するもので、
子ども達に、エコやリサイクルについて学んでもらおうという主旨で行われ
今年で16年目になるそうです。
協賛企業が出展ブース設けて、エコやリサイクルの取組みを宣伝したり、
子ども達に実際に体験してもらったり、
ステージでは「リメイク・ダンスショー」なども行われ、
たくさんの人達で賑っていました。

光栄なことに、今年の夏休みにアリーが描いた環境絵日記が
リサイクルデザイン賞に選ばれ、展示してあるというので、
それを見に行ったのが、実は大きな理由です。
 
夏休みの宿題で、最後に残ってしまった「環境絵日記」。
どうしようか悩み考えぬきながら、仕上げた絵と文章でしたが、
報われた思いです。

展示されていた527点の環境絵日記を見ていて、子どものながらの
視点や着目点がすごく面白く感じました。

どうやら、組合の方々のご尽力で、
今年から応募作品全て、Webで展示されるようになったようです。
お時間のある方はどうかご覧になられて下さい。
リサイクルデザイン「環境絵日記」 

環境絵日記

また、「環境絵日記 in 横浜ホームコレクションン」
にも展示されているというので、それも見に行ってきました。
こちらでは、絵日記がTシャツにプリントされ、
かわいくラッピングされたものが、
モデルルームの子ども部屋に展示されていました。

環境絵日記ホームコレクション

リサイクルデザインフォーラムでも、絵日記がハガキになったものを頂いたのですが、
自分の作品がグッズになって、アリーはなんだか不思議がっていました。
その絵葉書で、おじいちゃん、おばあちゃんにお手紙を書くようです。

これをきっかけに、よりエコを意識しながら、生活していってほしいですね。
私もですが・・・。


Tシャツ



category: family

tb: 0   cm: 0

△top

運動会 

 

022.jpg

アリーの小学校の運動会でした。

9月に入ってから、
学年競技のダンスで使うボンボンを、家に持ち帰って細く割いたり、
徒競走の経過報告があったり、
小学校独自の○○小音頭の図解をしてくれたり、
運動会に向けて、気分が盛り上がっていたアリーです。

去年はタイスも出場しましたが、、今年は中学の授業のため、
卒業生として応援に行けない事を、少し残念がっていました。
昨年は2人して、同じ白組のリレーのトラックを走った事が甦ってきました。

さてさて、今年のアリーですが、
家では披露する事を拒んでいたダンスを、活き活きと踊ってましたし、
大玉転がしでは、足がもつれながらも、一生懸命に大玉を進めていました。
遠くからみたら、アリが食べ物を運ぶようで、かわいい動きでした。

今年も出場出来たリレーでは、1位となる事が出来ました。
アリーの小学校のリレーは、赤白組がそれぞれ2組に別れ(赤、黄、白、青)、
4チームで競争します。
1~3年の低学年と4~6年の高学年に分かれ、
1チーム各学年4人、合計12人が走ります。

アリーの白チームは、7走目のアリーまでは4位で来ましたが、
8走者以降の選手が大健闘してくれて、ゴールのテープを切るまでに至りました。
優勝杯を持ったキャプテンに続いて、ウイニング・ランが出来たことが、
アリーは一番の思い出となったようです。

夜、ビデオ観戦したタイスの感想は、
「それにしても、リレーの時のママの応援の声がすごいね。」
でした。

そうです。応援って楽しいです。
夫は仕事で先に帰ってしまいましたが、騎馬戦と高学年リレーも
友人としっかり応援してきました。

10月は、中学の運動会があります。
「来なくてもいいよ~。」
と言われる前に
「応援行くよ。」
宣告しておきました。

category: family

tb: 0   cm: 0

△top

バッティングセンター 

 

KC380115.jpg


タイスはまだ夏休みです。
9月6日の始業式まで、部活も無く、友達と会う予定も無く、
完全オフ状態です。

本人の申告によると、宿題も終わり、家で自由に過ごせる3日間のようです。
私は、「終わった宿題」の精度や、レポート枚数の少なさが非常に気になっていますが、
新学期が始まって、本人が気づくのを待つ事にしました。
忍耐が必要な事は、言うまでもありません。

丸々1日家で過ごすと、単調でメリハリが無くなってしまうだろ息子に
「バッティングセンターに行く?運転して行ってもいいよ。」
と提案してみました。
「いいよ。」
との返事で、バッティングセンター行きを決定しました。

しかし、行く用意をしたという息子の姿を見ると、バットは持っているものの、
汗拭きタオルや、飲み物の用意はしていません。
「タオルも飲み物も無くても我慢できるよ。」
との事です。
「いやいや、そういう用意は大切」
と口うるさい母となり、持って行かせるようにしました。

さて、バッティングセンターに着いて、黙々とバットを振るタイス。
いい当たりのバッティングは、なかなか出ません。
聞こえてくるのは、ボールがバットをかすめる音と、
バットの芯に当たっていない鈍い音ばかりです。
出るのは、タイスの大粒の汗のみ。

1サイクル21球終える事に、ボックスから出てきて、
大汗をタオル拭き、アクエリアスを飲みに来るタイス。

「だから、タオルと飲み物は必要でしょ。」
すごく言いたくなった一言。ここもぐっと我慢しました。
その代わり
「冷たいでしょう。氷が入っているからね。」
とカーブを入れて、私の思いを放してみました。
タイスは、どこまでキャッチしているでしょうか?

これからも、思春期タイスとの駆け引きと、私の我慢は続いていくのでしょう。
私も大人になっていきます。


category: family

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。